ブラックボックスのない正直な家

考え方

私たちの宮城県・仙台市は1978年6月に発生した「宮城県沖地震」と同程度の規模以上の地震が今後10年以内に70パーセント、 30年以内は99パーセントの確率で発生するといわれています。 日本列島は、地球を覆っている十数枚のプレートのうち4枚のプレートの衝突部にあって、世界的にも活発なサブダクションゾーンのフロントに位置しています。 日本列島は、地震が起こることを避けられない列島なのです。 また、この列島は、台風の通り道であり、さらには集中豪雨や強い季節風、大雪、寒波などの自然災害が、たくさん襲ってきます。 もともと家は、身を守るためのシェルターでした。これらの自然災害に耐えられる「強さ」を、建物がしっかり保持することが、いのちと財産を守る基本です。
プレートの衝突部

建物に掛かる力

建物には、いろいろな力が加わります。
固定荷重(建物の自重)、積載荷重(人間や家具などの物品類の重量)、積雪荷重(屋根に積もった雪の重量)などを鉛直荷重といいます。 それとは別に、風圧力や地震力など、横からかかる力の水平荷重があります。 鉛直荷重は、屋根や床などの面が受け、それを伝わって根太や梁に伝わり荷重は柱に集まります。 このように構造部材に集まった力は、向きを変えたり、伝達したりしながら、基礎や地盤に伝わります。 建物の構造で大切なことは、建物に掛かる力を受け止めると共に、スムーズに大地に伝えることです

許容応力度計算

建物の構造計算には幾つかの方法があります。
今回、わたしたちは「許容応力度計算」を用い、長期優良住宅先導モデルのすべての建物を構造計算することを推進しています
建物に掛かる力


建物劣化を軽減させる対策3

建物の耐久度と、長持ちの程度をランクづけしたものです。
住宅に用いられる材料は時間が経過するにつれて、湿気や大気中の汚染物質などの影響受けて、腐ったり、錆びたりして、劣化します。 この基準は、材料の劣化を軽減する(劣化の進行を遅らせる)ための対策が、どの程度のものかを評価するものです。 1~3の等級で表示され、等級3では3世代(75年~90年)、等級2では2世代(50年~60年)の期間、大規模な改修工事は必要ないと判断されます。

地盤調査

第三者機関によって、地盤または杭の許容支持力と、基礎の方法を判定し、保証機関が瑕疵保証します。
周辺の土地全体が地盤がよくても、造成開発された土地の場合は切り土、盛り土などによって異なり、よく締る土が埋められているかどうかによっても異なります。 軟弱な土地に対しては、その対策を講じなければなりません。 恐いのは不同沈下であり、地盤改良工事(表層改良・柱状改良・小径鋼管杭工法など)を必要とする土地もあります。
不同沈下

住宅性能評価

「スクラップアンドビルド」と呼ばれた、今までの「大量生産・大量消費」のフロー経済が否定されて、長く使うことのできる良質な住まいが求められています。
「ラベリング制度」といって、その性能や価値を「客観的」に示すことが求められています。
「設計住宅性能表示」では、設計・建築された住宅について「日本住宅性能表示基準」に従って表示された性能を、評価基準(必須4項目・選択6項目)にしたがって評価します。
必須4項目とは、①構造の安定、②劣化の軽減、③維持管理への配慮、④温熱環境となり、選択6項目が、⑤火災時の安全、⑥空気環境、⑦光・視環境、⑧音環境、⑨高齢者等への配慮、⑩防犯への配慮です。
長期優良住宅は、必須4項目を基本性能として要求されています。
計画にあたって、指定審査機関による設計性能表示を受けて、この基本性能を担保していることを示すことが求められます。
第三者機関による設計審査があるので安心です。